• TOPページ
  • MYページ
  • 会員登録
  • カゴの中を見る
  • お問い合わせ

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

  • オススメ
商品コード:
215-001~215-003

KSコボット ステンレスブレースシステム 半間タイプA

通常価格(税込):
37,584
販売価格(税込):
28,188
ポイント: 0 Pt
メーカーURL:
http://www.cobot.jp/
関連カテゴリ:
接合金物 > 耐震補強金物 コボット
三次元耐震補強システム コボット
KSコボット ステンレスブレースシステム 半間タイプA

対角寸法2360ミリ~2759ミリ

システム構成

・コボット本体(新型9つ穴仕様) 4個
・コボット専用コーチスクリュー 36本(予備用に1本添付)
・ステンレスブレース接続金具 2組
・ステンレスブレース M10 2本 ※対角寸法に合わせて長さを3種類からお選び下さい。

対角寸法 2360ミリ~2559ミリ=対応ブレース M10x2200

対角寸法 2460ミリ~2659ミリ=対応ブレース M10x2300

対角寸法 2560ミリ~2759ミリ=対応ブレース M10x2400



価格はブレースを2本使用した一面当りの価格です。
この商品は別途送料3,000円(税別)が必要になります。


この商品はメーカー様より直送となりますので代引きでのお取扱いはできません。
  • ステンレスブレースの長さをお選び下さい コボット半間タイプA:
数量:

ステンレスブレースの選定方法

ステンレスブレースは対象面の対角寸法から選定します。

右図の壁面の場合

 ● 柱間の内々寸法「イ」を確認します。
 ● 土台天端から梁下迄の寸法「ロ」を確認します。
 ● 公式に従い対角寸法「ハ」を計算します。

対象面対角寸法の計算例

たとえば
柱間内々寸法(イ) 900ミリ
土台天端から梁下迄の寸法(ロ) 2200ミリ

上記の場合を公式にあてはめると.......


900x900=810000
2200x2200=4840000


810000+4840000=5650000


5650000の平方根は=2376.9728.....なので
対象面対角寸法は約2377ミリとなります。


右記表と照らし合わせると、この場合M10x2200ミリが対応ロッドサイズとなります。


右記以外のステンロットサイズも別途見積いたします。


ご不明な点はお問合せ下さい。

コボットの使用例

KSコボット ステンレスブレースシステムは新築はもちろんリフォームにも最適な万能耐震金物です。

コボットの基本的な特長とは.......

1.三次元の力を吸収する卵型形状
 地震の揺れは縦・横・斜めのあらゆる方向から同時に且つ繰り返し襲ってきます。
 その力を受け止め、分散し、粘り強く変形しながら吸収する一体絞り卵型形状。

2.粘り強さの秘密はその厚みにあり
 薄すぎず厚すぎない最適な板厚2ミリは考えに考え抜かれた絶妙の厚みです。
 木とともに粘り、木造住宅を最大限まで補強します。

3.取付カンタン!専用ステンレスコーチスクリュー
 KSコボットの特徴を最大限に生かすため金物の鬼では新型9つ穴仕様を採用。ツバ付頭で座金も不要です。


この万能なコボットにステンブレース(M10)を組み合わせて効果倍増にしたのがKSコボット ステンレスブレースシステム!

KSコボット ステンレスブレースシステムをご採用いただくメリット

・半間(910ミリ)、一間(1820ミリ)それぞれに国土交通大臣認定取得。
・ステンレス筋かいによる壁補強で柔構造補強を実現。
・引張金物であり、建物のタチ修正も可能。
・新築・リフォーム・大壁・真壁・意匠など多種多様な用途に使用可能。
・施工時間の短縮によるコストダウン。

見せるコボット

※壁面だけでなく水平面にもKSコボット ステンレスブレースシステム

・壁の強さを生かすも殺すも水平面の強さ次第、KSコボット ステンレスブレースシステムでカンタンに補強可能。
・ロングスパンもジョイントロットで対応可能。
・地震や台風時に発生する住宅のねじれを防止。
・吹き抜けや勾配天井などあらゆる場所に施工可能、KSコボット ステンレスブレースシステムをご採用いただくと吹き抜け天井
でも長期優良住宅に対応できます(構造計算について詳しくはメーカー様へお問合せ下さい)。

コボットの施工はカンタンです。

KSコボットの施工手順

1.コボット本体の取付(接合補強)

コボットを接合(仕口)部にセットし、専用ステンレススクリュー9本で固定します。
※堅木の場合は4ミリの下穴を明けて施工してください。無理なねじ込みはコーチスクリュー破断の原因となります。


2.接続金具の取付

ステンロッドに接続金具を取付。
ロッドの両端は右ネジ・左ネジ仕様となっております。それぞれのネジ山に合った専用接続金具を取り付けてください。
なお、目印としてステンロッド右ネジ側にロック用ナットが付いています。


3.ステンレスブレース取付(壁・水平兼用)

上記でセットしたステンブレースをコボット本体内部に差込み、ワンタッチピンにて固定。
ステンロッド右ネジ側のツブシ部にスパナを掛けて締め付け、最後にロックナットの締め付けをして下さい。
※ステンロッド締め付けトルク:6N・m以上

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。